Img20090406095637
大好きな杉浦日向子のまだ読んでない文庫本を見つけた。
47歳という若さで2005年になくなってしまった杉浦日向子は
NHKの「お江戸でござる」の解説者としてでていたり、
(・・というとあぁ~~と思う人も!)
漫画家でありながら江戸庶民文化の見識者でもあって
どのマンガも江戸を舞台にかかれていて、すごく面白いのです。
だからなくなってしまったときはとっても残念でいまもとっても残念に思い続けている。
江戸が大好きだからこそ?そばにも情熱を傾けていて
そば連合会(略してソ連)を立ち上げて江戸下町のそば屋を食べ歩いたり、
(この仲間になってみたかった・・・)
ほんとうに江戸、その庶民文化を愛してやまなかったんだなぁと
どの作品を読んでもつくづく思うのです。
おすすめは代表作の「えひもせず」や「合葬」だけど「百物語」も面白いしこの本もおもしろかった。とんでもないけど、憎めない、お茶目さがいいんだな。