Img20090506195913
半藤 一利
やっと、読み終わった幕末史。
毎日読める時間は寝る前のすこしの時間だったので
ちょっと読んでは眠たくなって、なかんか時間がかかりました。
物語と違ってじっくり読まないと、時間の流れそして人々の動きが
解らなくなってしまう。史実をたどるとはそうしたものだなぁとつくづく。
これを読むと幕末が実はちょっと前に起こったことなのではと思ってしまう。
というか、事実、ちょっと前の出来事だったのだ。
あぁ、そうか、今の日本ってこのように出来上がって、そして
いまもなお、幕末のそれ?を引きずっていて、
あぁ、見かけは進んでいるようだけどそんなに人間て変わらないのだと
気がついてしまう。

いろんな所にいろいろな人が住んでいて、そこそこの事情があって、
立場があって、けしてどれが正しいか、いいかなんて言えない。

さて、幕末史の他に昭和史という恐ろしく厚い上下刊も同じ作者であるのだけど、
いつか勇気?をだして読んでみよう。