Img20090807114205
この本(漫画)に出会ったのはもう数年前。読んで胸の奥が悲しくなったことを覚えています。それから映画化もされていますが映画の方はまだ見ていません。
この本は広島に落ちた原爆で被爆した方々の戦後の日常が淡々と描かれています。
日々の生活の中で被爆した人たちがどのように扱われてきたのか、またささやかな人としての夢が被爆した事で叶わずに失われていく事、被爆2世の方々に背負わされた恐怖などが,
ほんとうに私たちのありふれた日常にそぐって描かれています。
この本に出会って、北海道に住み、戦争、原爆を体験していない私たち世代が平和を当たり前のように享受してきた私たちが、実はその平和の陰にたくさんの屍がある事
当たり前じゃなかった事を気がつかせてくれました。
こうのさんの本にもう一つ「この世界の片隅に」という3部作があります。
こちらは広島の呉に住む戦争中の話しです。戦争中の庶民の暮らしがやはり温かな目線で、
そして庶民がどのように暮らしていたのか、どのように戦争を乗り越えたのか、また隣町に落ちた原爆で次の日に家族や親戚の安否を確かめにいった方々が残った放射能で被爆して帰ってきてやがてなくなっていった事などがさりげなく描かれています。
戦争を知らない世代にぜひ、読んでもらいたいと思う本です。