SPAIN tabi バルセロナ1

Img_0ef87e5f5f6a9246e79a0993706f0a61
Img_f6f544eccb22beba316e4875620ba2e2
半月
Img_d2cffcf5a5d47155d984a8c517a96966
窓の外には
11月26日から12月6日まで、スペインへ。旅の仲間は私を含め6人。一緒に行きの飛行機に乗ったのは3人。成田からJALでフランクフルトへ。そこからルフトハンザに乗り換えてバルセロナへ。他3人とはバルセロナで合流した。ホテルについたのはすっかり日も暮れた頃。窓の外はサクラダ・ファミリアが見える。(写真の2枚は窓からの眺め)ついた日は半月で、それでも月がこうこうと明るい夜。
ホテルの屋上テラスで、やってきたことに乾杯し、外に出てサクラダファミリアの前をくるっと散策して、近くのバルへ。生ハムと赤ワインでさらに乾杯。
Img_df2d1196613bded80c3341e60f3f68b8
夜に行ったバル
Img_bdf03f14a27c28663491396a90e7b0f0
Cafe con Leche
Img_fb25c266e0188f76f5965d7e7588157e
朝起きたらやっぱり窓の外にはサクラダファミリア。その工事の様子を、持ってきた仕事の原稿を書きながら見る。クレーンで装飾部品がつり上げらている。おびただしい装飾部品を1つ一つそのようにして取り付けて行くのだから、そしてそれ以前に建てた部分も修復しつつなのだから気が遠くなる。今回はまわりを歩いただけだったけど、いつか中に入ってみたい。
そして朝ご飯はやはり近くのバルで、カフェ・コン.レチェ(ミルクコーヒー?カフェラテ?)とチョコクロワッサンをいただく。そして市内を散策しながら、数時間かけてお昼ごはんを食べる海辺まで歩く。
途中、たくさんの人でにぎわうガウディ建築のカサ・ミラとカサ・バトリョを眺めつつ、同じガウディ建築の中でもあまり知られていないカサ・カルベットの1階にあるチョコラテリア(chocolatería)でお茶をする。何人かはチョコドリンクを。私はエスプレッソとチョコレートをいただく。チョコはどれも美味しくて、カカオ率の高いものをいくつか購入。お店の雰囲気も素敵。お隣には建物と同じ名前のついたレストランが。そこからはまたゆっくり待を歩きつつ、海辺のレストランへ。
Img_64c6b48ed9c4bfa778a1229bb84f6622
カサ・ミラ
Img_443584cc7729265ce0041f1b80969dac
カサ・バトリョ
Img_29fb642e2d89cd5b91347963da3a3ff8

SPAIN tabi バルセロナ2

Img_db47c09815b2c318700e18532cb824e8
Img_9c32f5560ed26871c1420e2e3a5e677e
レストランのテーブルセッティング
旅の目的はスペインの食の探検と個人的に行ってみたい観光地でもないその村を訪ねるのが目的だった。
さて続き、町歩きしながらついた先はヨットハーバー。レストランが軒を連ねている。スペインに通い詰めて20年の隊長曰く「日本人には塩味がきつい料理が多い中で、ここのレストランは優しい味で日本人にはちょうど良くおいしいレストラン」ということで、到着。外観も店内も白を基調とした雰囲気が素敵。

Img_af402207a8826df71eea4d7e2c9ac06f
salmorejo
Img_16b7a8cf08e79ac229ebc792cc9bef50
ツナとトマトのサラダ
Img_b8b62cf7cc34f6f72e898c3a77df78f4
マテ貝
Img_3751e5518e978902bf1a5da27594456e
ムール貝
Img_62e50aff4a45939d2975c68a8ad653b3
Arros negro アロス・ネグロ
Img_b7c2349f41bcf69f1d5ca59833256c96
子どもも食べられる?魚介のアロス
お昼ごはんです。スペインの人はお昼が一番重いごはんみたい。シエスタがある訳ですな。
・サルモレッホというトマトとパンで作る冷製スープ。上には海辺らしく貝がのっている。
・トマトとツナのサラダ。ツナがツナ缶じゃないし、本物のマグロツナ。トマトが甘くないトマト。すごく合っていておいしい。(日本の昔のトマトに似てる)この美味しさは新鮮だった。
・マテ貝 ずっと食べたかった貝。貝好きなので食べることができてうれしかった。少し甘いソースがかかっている。
・ムール貝はぶりぶりとしてて食べごたえ満点。山盛りのムール貝は日本ではなかなかお目にかかれない。
・パエリアじゃなくてアロス2品。この違いをヒモといてみたら、作り方がちがうらしい。パエリアは米にスープを入れた後、鍋をゆらしながら焦げ付かせていくらしく、アロスはなべに米とスープを入れてから鍋をゆらさないのだとか。それで焦げも少しだけ。
6人で2鍋だったけど(これで充分)1鍋2人前くらいらしい。黒い方はアロス・ネグロ イカスミのアロス。中にはイカとセップたけ?に似たキノコ。キノコ好きでもあるので、キノコは見逃せない。それともう一つは名前忘れちゃったけど、魚介が入ってて出汁もエビが使われているので、私は食べられなかったけど「子どもがぐちゃぐちゃにして食べる」みたないアロス。やっぱり少し焦げのあるところが美味しい。
Img_2f81ea74f9535e5500785f73a26c056c
ワインはまずはカヴァから。そして、白ワイン2本。写真のMAR海と言う名前のついたバルセロナ近郊で作られたワインがすっきりしていて食事によく合っておいしい。
ゆっくり食事をして、帰りはホテルの近くまで路線バスにのって移動。少し休んで、飛行場に行き国内線で一気にバスク美食の街サン・セバスチャンへ。

続く

SPAIN tabi サン・セバスチャンへ

Img_860cfde148816db88ee006b7c9ed22b3
Img_dae09e223b2e999cf815becd152e4217
Img_7581f6540f263fe2ef84befb03041b1f
Img_278aff9ffa3b4d6b75f54814b34d29b2
Img_b8fa6e81a0d8c2ce223a1c347f91bcf8
Img_61aa41b4b507d23fcf5cd290643ed5ea
サン・セバスチャンには暗くなってから到着。何と言っても午後8時9時はまだ宵の口のスペインなので、これからが晩ご飯の時間。昼はしっかり、夜はピンチョス。そんな雰囲気です。バスクのワイン、チャコリを飲みながらピンチョスをいただく。辛くない青唐辛子とアンチョビ、オリーブのピンチョスが一番印象にのこってる。2件のバルをはしご。2件目にかかってたバルの写真はバスクの古い写真。
Img_b8873915b5388912405a52338c97c58b
Img_484a31f758371fc057d3e35cadd746aa
Img_9236b93b93ee8102f00ac82b613883eb
朝は8時頃に夜が明ける。同時に外へ散歩へ。朝焼けがきれい。海の方へ行くといろいろな人がいる。この日は5度くらいか寒波がきてるというスペインでも寒い日なのに、泳いでいる人が何人もいてびっくり!犬のおさんぽの人も。